小杉ママのチャリティーリユースは子育て世代特有の、まだ有効活用できる「物」のリユースを通じて

ママだからこそできる社会貢献活動及び、有機的なコミュニティーをつくることが目的です。

 

前身となる活動は、2012年に開催された「ママたちのチャリティーバザー in 武蔵小杉」です。

武蔵小杉に住むママ達約20人のボランティアのご協力を得て、わずか4時間でのべ150人の来場者を迎え

約14万5千円の売上をあげることができました。

イベント時だけでなく、いつでも気軽に寄付や購入をできる場が欲しいとの思いから

2014年「小杉ママチャリティーリユース」のブログを立ち上げ、オンライン上でのサービスをスタートしました。

2017年4月、専修大学ネットワーク情報学部の学生さんたちの多大なご協力により

当サイトを公式サイトとしてリニューアルオープンします。

 

地域のインフラになりたいという夢をもって、リアルな場であるチャリティーバザーやイベントと並行して

今後もオンライン上でのサービスを続けていきます。

これからも小杉ママのチャリティーリユースを宜しくお願い致します。

​1

ママだからこそできる地域の親子支援をすること

小杉ママのチャリティーリユースとしての「寄付」とは自分の手をかけてできないものを他の方にして頂く、

それをお願いするお金だと思っています。

例えば、遠いところで震災があったときママ業をしながら、実際に出向いて炊き出しのボランティアをするのは物理的に難しいですよね。でも、何かしたい気持ちはある。。そんな時、自分が行く代わりに誰かにお願いする、そのお願いのお金が「寄付」だと思っています。

子どもの成長に伴い使わなくなったものを捨てずにリユースしたり、新品でなくてもよいものはリユース品をうまく活用することで親子に関する活動を支援することができます。ママだからこそできることです!

もう着られなくなってしまったお洋服や使わないおもちゃ、絵本、様々なグッズの中で、状態の綺麗なものがひとつくらいありませんか??

リユース品の寄付や購入を通して病児保育や地域の親子支援活動を応援していきたいと思っています。

​3

ママの有機的なコミュニティーをつくること

育児・家事に追われる毎日は、時々つらくなりませんか。子どもを育てることは素晴らしい価値のあることなのだと百もわかってはいても。目標も達成感も報奨もなく、ほめられることもなく、責任はやたら重大で、24時間フル稼働体制。未経験の事態が次々。子どもの笑顔や成長に救われることがたくさんあっても、つらくなることがあって普通だと思います。女が子どもを育てるものだし、それが当然なのだ、みたいな価値観が今でもあったりしますが、昔とは決定的な違いがあります。それは核家族が増えたこと。

大家族で暮らしていて、いつでも誰かに気軽にお願いできたり頼れたりする環境とは違い、何もかもに一人で向き合わなければいけないのはとても大変なことです。一日中大人と話さないことさえ珍しくないのです。

でも、ママだって一人の人間です。母である前に一人の女性です。ママが幸せでいれば、家族も幸せになり、社会も幸せになっていくと思います。逆もまたしかり・・?!

子どもを通してだけでなく、一人の人として「趣味」や「地域貢献」でつながる関係をつくりませんか。身近に相談できて頼れる人がいると、ママ業の大変さがきっと少し軽減されると思います。そして「ママ」としてだけでなく一人の「人」としてつながった関係は、新たな未来を生み出してくれると思います!

​小杉ママのチャリティーリユースでは、活動を通じて、ママたちの素敵なコミュニティーを作っていきたいという想いもあります。

購入について

ご寄付頂いたものの一部は当サイトの「ショップ」にてご覧いただけます。
購入したいものがある場合はお問い合わせフォームから

もしくはkosugimamacharity@yahoo.co.jpまで下記内容をご連絡ください

※購入とお支払いに関する詳細はこちらをご確認ください→★★★

 ①お名前

 ②購入希望の番号、お品

 ③引き渡し希望場所、希望日時(日にちは3つほど候補をお願いいたします)

 ④ご連絡先の電話番号 

ご寄付(引き取り)について

ベビーから小学校低学年くらいまでの子供用品(洋服、おもちゃ、本、その他)を主とします。

リユースという形ではありますが、次の方が気持ちよく使えるものをご寄付頂けますと幸いです。

ご寄付頂けるものがある場合はお問い合わせフォームから

もしくはkosugimamacharity@yahoo.co.jpまで下記内容をご連絡ください

※お引き取りに関する詳細はこちらをご確認ください→★★★

 ①お名前

 ②お引き取り希望場所、希望日時(日にちは3つほど候補をお願いいたします)

 ③ご連絡先の電話番号

小杉界隈に住むママ達20人近くの有志で活動しています。

2017年からは、スタッフの謝礼も始めました。

子連れでの活動も大歓迎です!

活動にご興味を持っていただけましたらお問い合わせフォームから、

もしくは​kosugimamacharity@yahoo.co.jpまでお気軽にご連絡ください。
 

​2

モノを大切にすること 地域が大きな家族になること

再開発の街、武蔵小杉。お金さえあれば買いたいものが何でもいつでも買える環境です。

でも、もし自分の子供が、モノが壊れたり汚れたりした時に即座に

「新しいの買いに行こうよ!ほらすぐそこだし!」とか言ったらどうでしょうか?
すぐに代替のきくものに囲まれて生活したいですか?それとも、ちょっと愛着や思い入れのあるものに囲まれていたいですか?大事に使ったお洋服、捨てる前にどなたかにお譲りしてみませんか。新品でなくてよいものは、リユース品を利用して、そこでちょっぴり浮いたお金で、自分たちにとって本当に価値のあるモノやサービスを購入してみませんか。

 

モノに恵まれた環境だからこそ、モノを吟味して大切につきあえる人でいたい。子育て世代の多い地域だからこそ、モノを大切に使いまわしあって地域が一つの大きな家族のようでいたい。

小杉ママのチャリティーリユースの活動にはそんな想いもあります。